大脱走

飾り方あれこれ その3

趣味部屋から車で15分ほど行ったところに、大型ホームセンターがある。
まさに“大型”。都心から離れた郊外ゆえに、敷地面積は広大。駐車場も十分すぎるくらいで、まず間違いなく停められる。
その品揃えにもびっくり。建材等の各種資材、郊外型庭作りの必要品、場所柄、農作業や土木作業に使用する道具まで揃っていて、都心均衡などで見るホームセンターが “子ども” に見える。
それに、“ホビーコーナー”の充実ぶりには感動した。革細工、彫金、手芸、焼き物などなど、趣味細工に必要な物がほぼ完備しているという感じ。もちろん、模型作りに必要なものなら、レアなものも含めてほぼここで手に入る。エアーブラシの本体やパーツも各種置いてあるし、いつか欲しいと思っているプロクソン(PROXXON)の電動工具も大体揃っている。
趣味部屋をこの地に作った頃には、ほぼ毎週入り浸った。それこそ数時間いても飽きない。

このホームセンターに、アンティークコーナーがあって、部屋作りに役に立つアンティークな家具や小物が “かなり” 揃っている。

このアンティークコーナーで、我が「大脱走」作品を飾るのにふさわしいケースを見つけた。
多分、肥料かなにかを篩(ふるい)に掛けるための木の箱で、底が荒い金網になっている。この金網が、捕虜収容所の金網のフェンスを連想させる。木部の粗雑感や書かれてかすれたアルファベットが、大脱走の雰囲気にぴったり。で、サイズもぴったりで、「これしかない!」と、速攻、購入した。

金網が背景になるように木箱をたてに置き、全面と背面に透明のアクリル板を取り付けて、ケースとなるように加工した。全面のアクリル板は、もちろん取り外し可能。

マックイーントライアンフを配置して、ばっちり!
作品が引き立ち、部屋の装飾としてもいい感じで、「センスいいっ!」と自己満足。 

the-great-escape_showcase
 

「大脱走ごっこ」Hiltsの愛機

「ヒルツの愛機はなんだったのだろう?」
彼が撃墜されたとき、どんな飛行機に乗っていたんだろう。
ヒルツにA-2を着せてポーズをとらせたり、“自慢”の改造バイク「大脱走モデル」に跨らせたりするうちに、すごく気になりだした。

ヒルツはアメリカ陸軍航空隊の大尉。収容所の所長に向かって「大尉だ!」と襟章を見せるシーンがある。撃墜され捕虜になった。

「大脱走」は事実をもとに制作された映画で、舞台のモデルは、実在し、実際に大脱走が敢行された「第三航空兵捕虜収容所」。「スタラグ・ルフト III(Stalag Luft III)といい、第二次世界大戦中、ドイツ空軍が運営していた。捕虜となった航空機搭乗員が収容されたのだそう。
ベルリンの南東160kmで、現在のポーランドのジャガンという街の近郊にあったらしい。

ヒルツのモデルも実在した。
「デイビッド・ジョーンズ:David Mudgett Jones」という人。
アメリカ軍のパイロットで、2年半の間スタラグ・ルフト IIIに収容されていた。
製作40周年記念として2002年に発売されたDVD「大脱走・特別編」に特典映像として「真実のヒルツ大尉」という23分のドキュメンタリーが収録されている。
デイビッド・ジョーンズ本人が自分の経歴と「大脱走」とのかかわりを語っている。
彼は1913年に生まれ2008年になくなっているから、享年95歳。おぉう、長生きぃ。

彼は「ドゥリットル空襲:Doolittle Raid」の主要メンバーだった。
ドゥリットル空襲は、1942年4月18日、アメリカ軍が行った日本本土への最初の空襲。航空母艦「ホーネット」から陸軍航空軍の「B25ミッチェル」爆撃機を発艦させて行った。
指揮官はジミー・ドゥリットル中佐。16機の「B25」で日本本土を襲った。
デイビッド・ジョーンズ大尉は、5番機の機長。
英語版Wikipediaには、5番機クルーの集合写真が掲載されていて、彼は前列に写っている。
Doolittle Tokyo Raiders, Crew No. 5。95th Bombardment Squadron, front row: David M. Jones, pilot; Captとある。

b25plamodel
 B25 Mitchell  1/48  ITALERI

映画のヒーローのことを興味本位で調べ始め、遠い“ヨーロッパ戦線”から思わぬ“日本本土空襲”に話が及んだ。
とたんに少し気分が重くなる。数年前に行った「パールハーバー」で感じた複雑な気分が蘇る。
アメリカ軍対ドイツ軍の話は “遠いところの話”。映画のようにさえ感じ、他人事この上ない。けど、対日本となるとやっぱり身近に感じて、いろんなところに思考が及ぶ。
とはいっても自分は“戦争を知らない子供たち”。戦争は「非日常」。B25ってかっこいいなあ、なんて無邪気に言ってしまう。戦闘機を飾って楽しんでいる。いいかげんなもんだ。

ヒルツ大尉のモデルに話を戻す。
1942年9月、デイビッド・ジョーンズは第319爆撃隊に指揮官として北アフリカに赴任した。
そして、チュニジアのビゼルト空港の爆撃に出撃し、“On December 4, 1942, he was shot down over Bizerte, North Africa”。
“shot down” は米俗語。つまり、撃墜されたということ。本人いわく「左のエンジンを撃たれた。ふたつの丘のはざまにつっこんだため、翼が折れた状態で機体が地を滑った」。
そして、捕獲され「スタラグ・ルフト III」に送られて、「大脱走」作戦に加わった。
航空軍第319爆撃隊に配備されていたのは、「B26マローダー」という爆撃機。愛称のマローダー(Marauder)とは“略奪”という意味。
“高性能な爆撃機が欲しい” という軍からの要請で、ノースアメリカン社が開発したのが「B25」。愛称はミッチェル(Mitchell)で陸軍のミッチェル准将の名前からつけられた。
そして同じ要請で同時期にマーチン社が開発したのが「B26マローダー 」。

b26
 B26マローダー Wikipediaから引用

第319爆撃隊の配備機がB26だということは、ネットを探索して知った。
DVDの中でデイビッドは機種名を伝えていないが、「撃墜された」という件(くだり)の映像にB26が使われている。
それに、2000年に初版第1刷が大日本絵画から発行された「コックピット 第2次大戦軍用機インテリア写真集」に、「北アフリカ上陸の“トーチ作戦”の後、第12空軍の第17、319、320の各爆撃航空群がB26を運用した。」とある。まず間違いない。 

“実話にもとづく” ということに沿って結論付ければ、ヒルツの愛機は、「ミッチェル」か「マローダー」。
どっちが好きだったかはわからない。
DVDの中で「(Doolittle Tokyo Raidersに)選ばれれば、あのB25に乗れる」と話しているから、若い頃憧れたことは間違いない。
撃墜されたときに乗っていたのは「マローダー」。

こうやって、それほど時間をかけずに調べられるのはインターネットのおかげ。趣味生活にインターネットは欠かせない。

う〜ん、でもなぁ。どうも個人的にはしっくり来ない。
ヒルツのあの雰囲気、一匹狼的でやんちゃな感じ。“爆撃機の機長”ってふうにはどうしても思えない。
やっぱり戦闘機が似合うよなあ。ドイツ本土空襲のB17を護衛した「P47サンダーボルト」か「P51ムスタング」がいい感じ。
A-2とスウェット、トラウザースを“おしゃれ”に着こなし、トライアンフを駆るあの感じから言うと「ムスタング」が似合うかも。
おぉ、そうだ。マックイーンの主演映画「ブリット」の有名なカーアクションは「1968年式フォード・ムスタング」。ムスタング違い。

P51の頭のPはPursuit(追撃)で戦闘機を意味する。“追撃”なんて、まさにマックイーン・ヒルツにぴったりな感じ。

hilts-pirot
ヒルツの搭乗姿はこんな感じか モニター画面はP51ムスタング
hilts-pilot2
 
うん、よし。ヒルツの愛機は「ノースアメリカンP51ムスタング(Mustang)」ということにしよう。
ただ、我が格納庫(My Hangar)にはまだムスタングの配備がない。いずれ配備しなければ。「大脱走ごっこ」は楽しいなぁ。

「大脱走ごっこ」その3

ヒルツが収容所に収監されたときの1シーンの再現。

aviatorbaghilts
 
アビエイターバッグを作ってみた。
かなり以前に買っておいたいい感じの色の布と、程よい幅の布テープ。
本当はミシンを使って裁縫し、縫い目なんかが表現できればベストなんだけど、自分にミシンは無理。
布用のボンドを使って接着し、成形した。だから、それなりの出来。

アビエイター(Aviator)とは、「飛行機の操縦士」の意味。
アビエイターバッグは、正式名にはフライヤーズキットバッグといって、米空、陸軍で採用され、フライト装備やパラシュートなどを入れて運ぶのに使用されている汎用バック。
劇中でヒルツが何を入れているか、すべては分らないけど、まちがいなく野球のグローブとボールは入っている。

バックの横には名前「V.HILTS」と認識番号「0817218」が「ステンシル」で書かれている。
認識番号は、軍隊において個人を識別するための番号で、ジュネーヴ諸条約の条文に「個人番号又は登録番号(personal or serial number)」と記されているのだそうだ。
劇中の番号はどこからつけたんだろう。なにか意味があるのかなぁ。例えば、ヒルツのモデルになったという人の実際の認識番号だとか。考えすぎか。

aviatorbag
 TOYS M.COY  TYPE A-2 V.HILTSを 購入したときに付録でついてきたヒルツのアビエイターバッグ(実物大)

「ステンシル」は、印刷などで用いる一種の型紙。文字や模様の部分を切り抜き、その部分にインクが付着するようにしたもの。型を抜く際に、たとえば「0」や「8」など、真ん中の部分が抜けてしまわないようにつながりの部分を線状に残す。
この型を印刷したい部分にあててインクをスプレーなどで吹き付けると、繋がりの部分にはインクがつかないため、線状に切断されたような独特の書体になる。
印刷構造上の理由から生まれたこの切断された書体のことも「ステンシル」と呼ぶ。
戦闘機や戦車などの国名や番号表記、弾薬保管箱や装備ケースなどへの必要事項表記などに使われて、軍用の専用文字みたいになった。
このステンシルで文字を印刷するだけで、単なる木箱がアメリカっぽいミリタリーグッズに早代わりする。
けっして意図的にデザインされたはなく、必要に迫られて出来上がった書体なのに、使われ方によって、“かっこいい”書体になった。
所ジョージさんが「世田谷ベース」で好んで使っている。「ベース」は「基地」のこと。「横須賀ベース」の「ベース」。ネーミングがかっこよく、それを「SETAGAYA BASE」とステンシルで表記する。いい感じ。にくいなぁ。

そういえば「VANジャケット」のロゴもたぶんステンシルからの発送。ふむふむ、やっぱりアメリカっぽく見える。

ちなみに、作ったアビエイターバックの文字はステンシルではなく、インクジェットで印刷して水で貼り付ける“簡易タトゥ製作シール”で作って貼り付けた。
まてよ。考えてみたら、型紙をつくってステンシルで表記することも、そうそう難しくないかも。でも、それをするならやっぱりバッグ自体も裁縫で作りたい。
A-2をつくってくれたbe-conさんにお願いしてみようかなぁ

「大脱走ごっこ」その2

hiltsgermanshot1

逃走途中、道路わきの木造倉庫に隠れ、追っ手を向かえ撃とうとするシーン。
銃を構え、狙いを定める。が、かえって自分の所在を明らかにすることになると思い、発砲を思いとどまった。
そして、捕獲されたときスパイ容疑をかけられることを恐れて、着ていたドイツ軍服を脱ぐ。
紺のスウェットにオフホワイトのトラウザースでバイクに跨り、再び走り出す。
ヒルツ逃走劇にかかせないシーンの一つ。

板壁の画像を「Photoshop」で加工し、出力してスチレンボードに貼って、木造倉庫を再現してみた。

いまさら言うまでもないが、アドビ社の「Photoshop」というアプリケーションは凄い。これをつかえなければ、画像や映像を扱うクリエータとは言えない。
1987年に、アメリカの大学生のトーマス・ノールという人が開発した。。
弟のジョン・ノールがその開発に関わり、Image Pro というアプリケーションが完成。ジョンがこれをアドビ社の社員にみせたことで、商品化されて、1990年に「Photoshop1.0」が発売された。

ちなみに、ジョン・ノールは当時、インダストリアル・ライト&マジックの画像編集部門の社員。
インダストリアル・ライト&マジック(ILM)は、1975年7月、当時『スター・ウォーズ』を作ろうとしていたジョージ・ルーカスが、新しい特殊効果を開発するため、ロサンゼルスの郊外に開設した。
「スターウォーズ」シリーズや、「インディ・ジョーンズ」、「ハリーポッター」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」など、多くの大ヒット作のVFXを制作している。

今回掲載した写真、実は「Photoshop」を使って少し“ズル”をした。
ヒルツに銃を構えるポーズをとらせると、衣装サイズがうまく合っていないせいか、袖がひじの手前辺りまでかなりめくれてしまう。
また、右肩に出来る衣装のしわがかなり不自然なかたちになってしまう。フィギュア素体の構造上からすれば、自然にできる窮屈なしわだけど、実物の人間のポーズと比べて、不自然なのだ。
襟の部分も浮き上がって、首が短く見える。
そこで、それらの部分を「Photoshop」で修正した。本来なら、素体を改造し、衣装に手を加えて、自然に見えるようにすべきなのかもしれないが、撮影画像を完成形だと割り切って、“科学技術”に頼るのも“カスタム”と呼ぶことにしよう。

hiltsgermanshot5
 
カメラで撮影する時、被写界深度や広角レンズの歪曲収差などで、遠近感が強調されて、実際に見るよりもいい感じに映ることがある。照明を考え、露出を検討し、レンズを選ぶ。これも“カスタム”の大事な要素。
 
いろんなことを試行錯誤。「大脱走ごっこ」は楽しい。

hiltsgermanshot3

「大脱走ごっこ」その1

germanhilts1

ドイツの軍服を着せてみた。
 
ヒルツはトンネルで脱走した後、道路に針金を張ってドイツ軍のバイクを転倒させる。
気絶したライダーから軍服を奪ってドイツ兵になりすますと、バイクにまたがってスイスとの国境をを目指す。
道中、ドイツ軍の駐留地に入り込んでしまい、ひとりの兵士から声を掛けられる。
バイクのままその兵士に近づくが、ドイツ語が分らず、その兵士を蹴り飛ばして、逃走する。
数台のバイクと機関銃を装備したサイドカーがヒルツの後を追う。

ここからのヒルツの逃走シーンの数々がいわずと知れた名シーン。
途中でドイツの軍服は脱ぎ捨て、紺色のスウェットとオフホワイトのトラウザースでトライアンフを駆る。
マックイーンの人気を決定付けた。虜になった。
背景に山脈の見える雄大な丘陵地を、トライアンフで軽快に走り回る。バイク好きには堪らない。
極め付けは鉄条網のジャンプ。
もう一つ飛び越えればスイス。
射撃され、転倒し鉄条網に突っ込む。
鉄条網が身体に絡みついたまま立ち上がり、「ドッグタグ(認識票)」を見せる。このシーンでドッグタグに憧れた。
まぁ、とにかく、どのシーンもかっこいい。

「ドッグタグ」はアメリカのスラング。
金属製の楕円形のプレートで、氏名や認識番号、血液型等が打刻され、個人を識別するためのもの。
第一次世界大戦頃に使用されていいたものが、丸いディスク型で、犬につける鑑札札に似ていたところから、DOGTAG(犬の札)という俗称が生まれたらしい。
2枚一組で首に提げる。本人が戦死した場合等に同僚が1枚を持ち帰り、戦死した場所等を報告するためなんだそうで、この「〜1枚を持ち帰り〜」と言うのは、ちゃんとジュネーブ第1条約に規定されているのだそうだ。

ああ、そうか、忘れてた。1/6のドッグタグもつくらなきゃ。

「大脱走ごっこ」は1/6のヒルツのフィギュアや「大脱走トライアンフ」を使って、「大脱走」のシーンを再現する遊び。

「大脱走ごっこ」その1は、ドイツの軍服を着てバイクにまたがるシーンを再現。
劇中ではバイクにまたがって静止しているシーンはほとんどなく、宣伝用に撮られたであろう写真を再現してみた。
シート後ろの荷台に、たぶん脱いだスウェットであろう荷物が縛り付けてある。一応それも再現してみた。

germanhilts2

germanhilts3

germanhilts4


 

「大脱走ごっこ」

1/6、12インチのアクションフィギュアの原点はGIジョー。
GIジョーは、いってみれば男の子の着せ替え人形。

TVドラマの「コンバット」が1962年から1967年まで放送された。
「ウルトラQ」が 1966年1月2日から7月3日まで放送された。それに続いて「ウルトラマン」が1966年7月17日から1967年4月9日まで放送された。
TVドラマの「サンダーバード」が1966年4月10日から1967年4月2日まで放送された。
「GIジョー」が日本で販売開始されたのが、1966年。

ゴジラ映画を映画館で始めて観たのは『三大怪獣 地球最大の決戦』で、公開が1964年12月。
着ぐるみのゴジラを50mに見立ててスケールダウンされた街並みや自衛隊の戦闘車両。ラジコンで走り回る戦車を怪獣たちが踏みつける。当時だって本物には到底見えず、でも、なぜかそこに“リアル”さを感じてわくわくした。
「特撮」とは、模型を使っていかに本物「らしく」みせるかという技術で、円谷英二はその神様なんだと思っていた。円谷プロで働きたい。街並みやラジコン戦車を作る仕事がしたいと本気で思った。

円谷の「特撮」から技術が進んで、「SFX( Special Effects )」と呼ばれるようになり、映像に光学処理などによって特殊な視覚効果を施し、通常ではあり得ない映像を作り出すことが可能となった。
そして今や、コンピュータ・グラフィックスの進歩で、映像を後から“どんなふうにでも”加工できるVFX(Visual Effects, 視覚効果)があたりまえになった。
本物「らしく」ではなく、本物「以上」に、いや、「本物を超えた」映像がどんどん作れるようになった。
「かつて見たことの無い映像」なんていう言葉さえ過去の言葉。

でも、「STARWARS」の少年アナキンのポッドレースのシーンより、エンドアのスピーダーバイクのシーンのほうが好きだし、マイケル・ベイの「パールハーバー」でのゼロ戦とカーチスのドッグファイトより、円谷英二の「ハワイ・マレー沖海戦」での釣り糸が見えるゼロ戦の飛行シーンの方がわくわくする。もちろん、ジャン・レノが出た「GODZILLA」は「ゴジラ」じゃない。やっぱりVFXでなくSFXでもない「特撮」の匂いを求めてしまうのは、1960年代に少年期を過ごしたからだと思う。

「ウルトラQ」がカラー化されて、思わずBlu-rayを買ってしまった。第1話の「ゴメスを倒せ」を観た。
ゴメスが地上に現れ、石垣を崩すシーンを見て、当時砂場で遊んだ「怪獣ごっこ」を思い出した。砂山を造ってトンネルを掘り、「マッチボックス」製の車を並べて、怪獣になりきった。「ぁああ〜んっ(怪獣の鳴き声のつもり)」と叫んで山を崩す。
「怪獣ごっこ」はますます加熱して、砂場に水を持ち込み、池や川をつくって船を浮かべた。小さな木の枝を砂に差して並べて街路樹を再現し、厚紙で作ったビルを並べた。きっとこの時ジオラマ制作への憧れが芽生えたんだと思う。

「コンバット」がかっこいいと思った。「サンダーバード」で、精密に作られた1号や2号に乗って人形がリアルに活躍するのを見た。同時期に、デパートのショーウインドウの中に展開されたGIジョーの世界に魅了され、X’マスに買って貰った。
 
学校脇の公園の小山に塹壕を掘り、友達とGIジョーを並べた。GIジョーを使ったコンバットごっこ。自分のGIジョーを「コンバット」のサンダース軍曹に見立てた。トンプソン・サブマシンガンが欲しかった。M41フィールド・ジャケットが欲しかった。番組の放送中に母親に示して、似て非なるものを縫製してもらった。着せ替えて楽しんだ。
 
着せ替えに熱中した。時には、妹のリカちゃん人形とコラボレーション。リカちゃんのままごと遊びにGIジョーが参加した不思議な“ごっこ遊び”。
GIジョーは、自分のおもちゃ暦の中のエポック・メイキング。いまだにそれを引き摺っている。

50年近くたった今、「1/6計画」進行中。再びアクションフィギュアを楽しんでいる。
ちなみに「1/6計画」は、「ウルトラQ」の第17話「1/8計画」からとった。
「1/8計画」は、東京の人口問題を解決するために、人間を1/8に縮めようという計画の物語。
 
アクションフィギュアの原点はGIジョーで、GIジョーは着せ替え人形。
カスタムしても、やっぱり着せ替えて楽しみたいというのが“こだわり”。

hilts5

「トライアンフ」が完成して、ヒルツ大尉を乗せてみた。なかなかいい感じ。
こうなりゃ、背景や小物なんかも作ってみるか。
飾るだけでは面白くない。いろんなポーズをとらせ、映画のシーンを再現する、「大脱走ごっこ」を楽しもう。

hiltsandgoods

GEgoods
 

A-2が好き

革ジャンが好き、ミリタリーファッションが好き、映画が好き、戦争映画が好き、大脱走が好き、スティーブ・マックイーンが好き、オートバイが好き…。こんな人たちは、きっとA-2が好きなんだろうと思う。斯く言う自分はすべてに当てはまる。

ちなみに、所有する免許証では原付しか運転できないが、オートバイが好きなことに支障はないはず。いまさらの免許取得はまわりが許さない。

ずっと憧れ、初めて手に入れた
A-2が、岡本博プロデュースの「TOYS McCOY タイプA-2 V.HILTSモデル」。
トイズ・マッコイのWebサイトには次のように紹介されている。
「時代を超越してタフな男の象徴として語り継がれている『大脱走』のヴァージル・ヒルツ。スティーヴ・マックィーン扮する不屈の男が纏うA-2に魅せられた岡本博監修の元、劇中のA-2を徹底的に研究し、ディテールから革質まで余すことなく再現した一着。」

前述の…好きがすべてあてはまる自分は、完全に岡本さんの術中にはまった。

hilts1

革ジャンなんてまさに普段着。

けっこういいスーツが買えてしまう。サラリーマンの自分にとっては、清水の舞台から飛び降りる出費。でも、欲しいから飛び降りてしまった。

飛び降りてよかった。袖を通すなり、その着心地のよさに感激。本物の良さを実感した。以来、秋から冬が待ち遠しく、着たまま寝ようかと思うほど気に入っている。

hilts2

hilts3

映画『大脱走』といえば、A-2とトライアンフだと言い切ってもたぶん文句は出ないはず。
そのどちらもが、マックイーンなくしてはあり得なかった。大脱走、イコール、マックイーン。
もちろん、それだけではない魅力の詰まった最高の映画。
劇中でマックイーンのA-2の着こなしが堪らない。ジッパーが閉まらないくらいタイトに着て、背中の丈を少し詰めて加工したんだそう。だからシルエットがかっこいい。インナーにもこだわって、紺系のスウェットは袖がはみ出ないよう七分丈にカットし、細身にカスタムしてあるらしい。
生成りのトラウザースとの色あわせもすごく良くて、たぶん歴史公証的にはNGなのだろうが、何の違和感もない。それどころか、何度も言うけどかっこいい。

ヒルツ・モデルのA-2を着て、紺系のスウェットにチノパン。アイビーの雰囲気もあって、いい感じで着れる。
でも、よく考えたら映画の「コスプレ」。歳を考えろと娘に一喝された。
ちなみに、トイズ・マッコイでは、スウェットもチノパンも、ブーツまでも劇中のものを再現して商品化している。

かなりまえ、トイズ・マッコイが劇中のマックイーンをGIジョー化して発売した。
かなりこだわって、A-2など、本革を使用して木製のケースに入れて別売した。別売のA-2だけで、たしか3万円以上したと記憶している。
当時は垂涎でフィギュアだけは手に入れたが、今見るとやはりGIジョーの域を超えていない。
進化の過程であったから、しょうがない。その過程があって、6分の1フィギュアは今のように進化した。

その進化した6分の1フィギュアをより完成度高くカスタマイズする作家がいることを知った。
team MATSU@BEという。

チームを構成するのは、MATSUYAランドさんとbe-conさんのお二人。
彼らの作品のクオリティの高さは ★be-com.shop★ というホームページを見れば分る。

http://www.be-comshop.jp/


6分の1(12インチ)サイズのミリタリーフィギュアの軍装・装備品を手作り販売し、作品紹介等を行っているホームページ。
あのクオリティのものを商品化しているのもすごい。
もうかなり前だが、このサイトを偶然知って、映画「プライベート・ライアン」のミラー大尉の装備一式を注文した。商品が届いてそのこだわりと完成度に驚いた。以来、「商品」ではなく「作品」と言うことにしている。

hilts4

作品の中に大脱走のA-2やスウェット、トラウザースがあることを知り、いてもたってもいられず、だめもとで制作をお願いした。

思いもよらず快諾を得た。届いた作品に再び感動。刺激され、「大脱走バイク1/6を作る」自己満足プロジェクトに繋がった。

steve-macqeen
 

大脱走のバイク1/6を作る10


the great escape triumph 1

今年の5月下旬に制作を開始。
5か月をかけた「大脱走のバイク1/6を作る」計画。
一応完成した。
現在、放心状態。

the great escape triumph 2

ニューレイ社の6分の1の「トライアンフ・ボンビネル」の存在を知った時、キャプテン・ヒルツのフィギュアをバイクに乗せたいと始めた改造作業。
ミニチャンプス・ブランドの12分の1「Triumph TR6. The Great Escape. 1960」を見本にしながら始めた。
作業が進み、映画のワンシーンやトライアンフのパーツ画像など、Webサイト上の参考画像収集が加熱した。ミニチャンプスの
12分の1と実物に違う部分があることも気づいて、自分の製作能力の出来る範囲で、なるべく実物どおり再現したいとこだわり始めてしまった。
IMG_8641

the great escape triumph 3

一つひとつのパーツ作りに凝り始め、いつ出来上がるのかなども気にならなくなった。
ある程度出来上がってから、実物とのちがいに気づいて作り直すということも頻繁になった。
もちろん、実物のトライアンフが目の前にある訳でもなく、映画のシーンの写真もかなり限られて、推測部分もかなりある。いや、ほとんどが推測部分であるから、実物通りになんていう大それた目標は自己満足の域を超えていない。あくまでも、“
自分の製作能力の出来る範囲で”プラス“確認または推測できる範囲で”である。
それでも、作業して行くうちに、思ったよりうまく出来たなんてことも増え、製作能力も少しずつ上がった。それが、こだわりを増幅させ、こんなに根気づよかったのかと自分でも驚くほど、5か月間、熱中させた。

the great escape triumph 4

自分的にはかなり満足。
けっこういい感じで仕上がったと思っている。
もとになったニューレイ社のボンビネルを解体し、手を入れなかったパーツはタイヤをのぞいて一つもない。プラ粘土やプラ版で手作りしたパーツもいくつかある。
そう、タイヤだけは手が出なかった。実際はオフロード・タイヤで、映画ではそのゴツさが印象的でかっこいい。ボンビネルはオフロード・タイヤではない。なんとかできないだろうか、どっかに6分の1のオフロード・タイヤはないかと必死に探したが、現時点では見つからず、ゴム成型の技術もなく断念。それだけが悔しい。

the great escape triumph 5

シートも推測。映画のバイクはシートが薄いブルーかグレーの布で包んである。
草原を走り回り、大ジャンプをしたときの衝撃を考えて、革製のシートにクッション材を巻き、布で包んだのだそうだ。
だから、どんなシートが付けられていたのか分からない。
トイズ・マッコイの代表でイラストレーターである岡本博さんが所有している映画仕様のレプリカを参考にした。プラ粘土で整形し、革を巻き、スプリングも針金を巻いた。
これにスポンジを巻き、布のカバーを作って被せるつもり。

the great escape triumph 6

the great escape triumph 7

the great escape triumph 8

the great escape triumph 9

IMG_8628IMG_8629
ナンバープレートの字体は映画シーンの画像をトレースした。
バッテリーも映画製作当時に使われていたバッテリーの画像を参考に再現したつもり。固定用の金具もいい感じに出来たと気に入っている。
mcqueen_triumph

IMG_8632
ハンドル・グリップも自己満足のこだわり。
左ハンドルは先端のゴムが欠けている。写真からそう判断して、こだわってみた。
triumph

the great escape triumph 10

ヒルツに跨がってもらい、その勇姿を眺めながら、「大脱走マーチ」をBGMに、5か月のこだわりの日々を想って、ビールを飲む。最高に旨い。

大脱走のバイク1/6を作る8

予定していたすべての加工が完了し、必要なすべてのパーツが出来上がった。
塗装作業に入る。

IMG_1110

どんな色で塗装するか?

第二次世界大戦のドイツ軍の軍用車両の色は?
そう考えて、最初に浮かんだのが「ジャーマングレイ」。
たまに行く模型屋のおやじに、「大脱走のバイクの色は?」と相談したら、「そりゃあ、ジャーマングレイ」と言い切った。
タミヤの1/35 プラモデル「B.M.W.R75サイドカー」の組み立て説明書には、「ヨーロッパ、主に東部戦線で活躍したオートバイはサイドカーを含めてフィールドグレイ又はジャーマングレイで塗装され…」と解説されている。

「German Grey」は青味掛かった濃いグレイ色。名前を直訳すると「ドイツの灰色」で、まさにドイツの色。正しくは「ドウンケルグラウ」というのだそうで、パンツァーグラウともいうらしい。
モデラーには超馴染みの色。
プラモデル用の塗料を使用するようになって、まず最初に覚えた“2色”のうちの1色。
もう1色は「オリーブドラブ」。
第二次世界大戦からベトナム戦争時期まで、アメリカ軍の戦闘服および車両の標準塗装色として使用されていた色。

しかし、ネットや雑誌などに掲載された「大脱走」の写真を見ると、どうしてもジャーマングレイには見えない。
DVDを再生し、画面を静止させ、穴が開くほど見詰めても、やっぱり違う。
ヘルメットや野戦服の色としても使われた「フィールドグレイ」は明るすぎるし、大戦中期からドイツ軍の基本色とされた「ダークイエロー」は、間違いなく違う。

写真やDVDでは、グリーン系の深い色と認識できる。
とすると「ダークグリーン」が一番近いかも。
ドイツ空軍機の迷彩や、戦争初期の装備類の標準色として使用された色。
前述の組み立て説明書によると、迷彩の一色としてバイクの塗装には使われたらしい。 
同じく航空機に使われた「ディープグリーン」もあるが、これはちょっと明るすぎる感じ。 
あとは、やっぱり航空機に使われた「ブラックグリーン」なんて色もある。

どの色で塗装しようか…。 

んっ、待てよ。
もともとこの「大脱走」のバイクは、映画撮影用にイギリスのバイクをドイツ風に改造した架空のもの。
よくみれば、こんな形のドイツ軍用バイクは無い。
第二次世界大戦のドイツ軍のバイクの色は、なんてことに“こだわる”必要がない。
“こだわる”とすれば、“映画のバイクの色”。

写真やDVDから受ける“印象”から、グリー系の深く暗い色だ。
「タミヤカラーガイド」(モデルアート社 平成23年1月10発行)に掲載された色見本を見ながらつらつら検討した結果、現段階では「ダークグリーン」で塗装することに決めた。

塗装を始めて、気に入らなければ修正すればよい。そんな大雑把な感じで“こだわり”を整理しないと、先に進まない。

IMG_1095

IMG_1097

IMG_1096

IMG_1103

IMG_1104

IMG_1105


大脱走のバイク1/6を作る7

IMG_6512

なんとかここまで出来た。
つぎはぎだらけのトライアンフ。
作業開始当初、難題だと想定していた部分もなんとかクリアして、自分的にはいい感じじゃないかと。
まだ細かいパーツや組み合わせの微調整など、作業はたくさん残っているが、おおよそ完成像が見えてきた。

作業を開始したのはいつだったか、はっきり覚えていないが、ベースにしたニューレイ社の「ボンネビル」が到着したのが、5月中旬で、その1週間後に作業に入ったから、開始は5月下旬。おおよそ2か月半費やしていることになる。
ほぼ毎日、平均2時間、夕食をすませてTVを観ながら“ちゃぶ台ファクトリー”でこつこつと。
飽き性の自分が、今日までの延べ150時間ほど、よく続けたなぁと我ながら感心。

本当に久しぶりの模型作り。恐るおそるの作業がそれなりにうまくいき始めて、“これはきっと完成まで続けられそうだぞ”と自身が持てるようになった頃、自分の身体のメンテナンスをお願いしている整体の先生に、改造途中のエンジンを自慢げに見せた。
「おお、話していたのはこれですか。いや、すごい。思っていた以上ですよ。」とおだててくれた。
豚もおだてりゃ木に登る!
模型にも興味があり、自らもバイクに乗る彼の好評が、どんっと背中を押したのだ。
ただ、「模型作りに凝っている分、背中も相当凝っていますね。(洒落ではない)」と。
胡坐をかいてやすり作業、身体にいいはずがない。“ちゃぶ台ファクトリー”は身体を酷使する劣悪な環境。
完成の暁には、自分の身体のカスタムが必要かも。先生に面倒を見てもらおう。

もう1人、歯の主治医も模型にすごく興味がある友人のひとり。
診察台に仰向けになって自慢げに話した。
「大脱走のバイク、つくっててさ」
「きっと、凝っちゃってるんでしょ。」
「へへへっ。完成したら見せるからね。」
「経過を写真に撮っておいてね。どこをどう改造したか分かるように。」
「了解♪」

経過を記録に残す。彼の言葉がきっかけになって、このブログがスタートした。
自分の趣味をテーマにしたブログを作ろうと、ずっと前から思い続けてきた。「seezoo's 1/@ essey」というブログのタイトルもずっと前に決めていた。
けれど、ほんとうに筆不精で、絵に描いたような三日坊主。加えて、“どうせ作るならちゃんと構想して、かっこいいブログを”などと色気づいて、なかなか手がでなかった。

ほんとうに飽き性で、筆不精で、三日坊主。このブログがいつまで続けられるか、自分でも皆目検討がつかないが、とりあえず今は、大脱走のバイク制作を記録に残し、そのあと、あの話題も書こう、これも書こうと、構想はふくらませている。